BAILE|バレエ 商品カタログ

バレエ通販の比較サイトです。DVD、ブルーレイ、CD、本など。iTunes、Amazon、セブンネット、TSUTAYA、楽天ブックスの販売価格を一覧でご確認いただけます。

4.「眠れる森の美女 第2幕」のあらすじ

100年の歳月が流れました。デジレ王子は貴族たちとともに、森へ狩りに訪れています。一行は弓遊びをしたり、踊ったりと気晴らしに興じていますが、デジレ王子は一人離れて何か考えごとをしているようです。

そんな王子の前に、善の精リラが姿を現しました。リラの精は、オーロラ姫の幻を見せながら、彼女の身の上に起きたできごとをデジレ王子に話します。オーロラ姫の美しい幻影に魅了された王子は、彼女を救い出すことを決意します。そして、デジレ王子とリラの精は、魔法の小舟に乗って、姫の眠る森へと向かうのでした。


ここは、オーロラ姫が眠る森の中。お城は深い茨で覆われ、簡単には足を踏み入れることができません。姫を助け出そうとする者を近づけないために、カラボスと手下たちも辺りを見張っています。

それでもデジレ王子は、リラの精に力を借りながらカラボス達を果敢に退け、ついに姫の眠る部屋へ辿りつくことができました。オーロラ姫が横たわるベッドに近づき、優しく口づけをするデジレ王子。オーロラ姫は、ゆっくりと瞳を開きます。

フロレスタン王や王妃をはじめ、城全体も永い眠りから目覚めました。宮殿は、以前の輝きを取り戻します。喜びあう人々のまで、王子は改めてオーロラ姫に結婚を申し込みます。オーロラ姫は、嬉しそうにうなずいてみせるのでした。


「アリーナ コジョカルとフェデリコ ボネッリによるオーロラ姫とデジレ王子の踊り」

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]