BAILE|バレエ 商品カタログ

バレエ通販の比較サイトです。DVD、ブルーレイ、CD、本など。iTunes、Amazon、セブンネット、TSUTAYA、楽天ブックスの販売価格を一覧でご確認いただけます。

白鳥の湖

ロットバルトの魔力によって白鳥の姿に変えられたオデット姫と、ジークフリート王子との悲しい恋物語。チャイコフスキー三大バレエ作品の一つ。

Swan Lake(英)

台本:ウラジーミル ベギチェフ、ワシリー ゲリツェル
音楽:ピュートル イリイチ チャイコフスキー

振付:ユリウス ウェンツェル ライジンガー
初演:1877年3月4日 ボリショイ劇場(モスクワ)

振付:マリウス プティパ、レフ イワノフ
再演:1895年1月27日 マリインスキー劇場(ペテルブルグ)
構成:全4幕


主な登場人物

オデット姫
ある国の美しいお姫様。ロットバルトの魔力によって白鳥の姿に変えられてしまう。

ジークフリート王子
緑多き国の王子。彼の成人を祝う舞踏会を前に、湖畔で運命の女性オデットと出会う。

オディール
悪魔ロットバルトの娘。妖しい魅力でジークフリートを誘う。

ロットバルト
オデットを白鳥に変えた悪魔。普段は、フクロウとなって白鳥達を監視する。

王妃
ジークフリートの母后。後継者としての自覚が足りない我が子へ、舞踏会の中で婚約者を決めるよう決断を迫る。



目 次

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]