BAILE|バレエ 商品カタログ

バレエ通販の比較サイトです。DVD、ブルーレイ、CD、本など。iTunes、Amazon、セブンネット、TSUTAYA、楽天ブックスの販売価格を一覧でご確認いただけます。

シルヴィ ギエム「オン ジ エッジ」

2歳でパリ オペラ座バレエ学校に入学し、19歳でヌレエフに指名されエトワールに。1988年パリ オペラ座を離れ、英国ロイヤル バレエ団のゲスト プリンシパルとなったシルヴィ ギエム。

伝統的バレエの完璧なダンサーとして世界中から喝采を浴びながらも、その殻を打ち破り、鋭い感性で表現者としての新たな可能性を追求し続ける彼女の挑戦を追ったドキュメンタリー フィルムです。

ロベール ルパージュ(舞台演出家)、ラッセル マリファント(振付師、ダンサー)という世界第一線のクリエーターと共に新作『エオンナガタ』(2009)を制作するプロセスを追い、マリファントとの『プッシュ』やアクラム カーンとの『聖なる怪物たち』の断片もフィーチャーしつつ、舞台裏を生々しく描いていきます。

『エオンナガタ』は実在した女装のスパイ、シュヴァリエ デオンの生涯から着想を得、衣装や小道具などを日本文化から取り入れた作品。「エオン」(d’Eon)と歌舞伎の「女形」を結びつけたタイトルで、日本文化と日本の美意識をこよなく愛するギエムの素顔を垣間見ることもできます。

内容

1 オープニング・クレジット
2 「私は何もしないのが好き、本来怠け者なの」―トフィーノ、2007年3月
3 《白鳥の湖》: ヴェネツィア、2007年11月(リハーサル)
4 《白鳥の湖》: 日本ツアー、2007年12月
5 《聖なる怪物たち》: フルヴィエールの夕べ、2007年6月
6 《エオンナガタ》: バンクーバー、2007年3月(最初のリハーサル)
7 《プッシュ》: ヴェネツィア、2007年7月
8 「私の日本」―2007年12月(明治神宮―三宅一生デザイン文化財団―陶芸家、黒田
9 《エオンナガタ》: 3ミルズ スタジオ、ロンドン、2007年11月(リハーサル)
10 ヴェルサイユ、2008年10月(庭園にて)
11 ヴェルサイユ、2008年7月(ネプチューンの泉でのボレロ)
12 《エオンナガタ》: ケベック、2008年2月(リハーサル)
13 アレキサンダー マックイーン: ロンドン、2008年10月
14 ケベック、2008年12月(スノー チューブ)
15 《エオンナガタ》: ケベック、2008年12月(リハーサル)
16 《エオンナガタ》: ロンドン、2009年2月(ドレス リハーサル前)
17 クレジット

特典映像:ギエムの軌跡

《ロミオとジュリエット》(1998)-シルヴィ ギエム
《マノン》(1991)-シルヴィ ギエム/ローラン イレール
《ドン キホーテ》(1998)-シルヴィ ギエム/ニコラ ル リッシュ/ギレーヌ テスマー(声)
《ドン キホーテ》(1999)-シルヴィ ギエム
《ドン キホーテ》(1998)-シルヴィ ギエム
《イン ザ ミドル サムホワット エレヴェイテッド》(1988)-シルヴィ ギエム/ローラン イレール/振付:ウィリアム フォーサイス
《眠れる森の美女》(2000)-シルヴィ ギエム/ニコラ ル リッシュ/ローラン イレール
《ヘルマン シュメルマン》(1994)-シルヴィ ギエム/マーク スプラドリング/振付:ウィリアム フォーサイス
謝辞

シルヴィ・ギエム オン・ジ・エッジ/DVD/UCBG-1283

現代バレエの女王、シルヴィ ギエムを追ったドキュメンタリー。
2009年12月16日発売

詳細/購入 楽天ブックス 2,012円(税込)


詳細/購入 アマゾン

索引

人物:

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]